学校の裏話

【DQNネーム】名前が読めない!キラキラネームの子どもが増えています

更新日:

泣いている子供

 

最近、子どもたちの名前が難しく、読みにくくなってきているように思います。

「キラキラネーム」

「DQN(どきゅん)ネーム」

という言葉で括られて呼ばれることもしばしば。

今回はそんな珍しい名前について触れていきます。

 

キラキラネームが増えている理由

理由としては、親の想いの強さ子どもへの配慮の欠如が大きいと考えられます。

「他の子と同じ名前にならないように」という保護者の想いは十分にわかります。

確かに個性を尊重する面では、他の子と違った名前というのは魅力的ですが、行き過ぎると逆に子どもの首を絞めることにもなりかねません。

 

また、少子化も影響していると考えられます。

子どもが少なくなってきている分、一人ひとりに対する親の想いは強くなるものだと思います。

一郎、次郎、三郎と、順番に名前を付ける人も少なくなってきている時代です。

特別感を出して一層大事に育てようとするからこそ、簡単に読めない名前や当て字のような複雑な名前を選んでしまうのでしょう。

 

私が出会ったキラキラネーム

キラキラネームのような名前を一部紹介します。

私の感覚ですので、「普通じゃん」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、あしからず。

また、キラキラネームというより、その漢字読めないよ、というものも含まれています。

※個人が特定できないように一部フェイクも入れてあります。

 

光宙(ぴかちゅう)

小楠(こなん)

栞愛(りりあ)

愛愛(あいあい)

寿限無(じゅげむ)

塁(ほーむ)

月菜(るな)

天李(あんり)

 

他にもキラキラネームは多く、「悪魔ちゃん」という名前の子が一時期は話題になりました。

子どもたちの中には、自分の名前に嫌気がさしている子もいます。

そんな子どもたちの愚痴を学校ではたくさん聴いてきました。

名前を付けられた子どもたち側は簡単に変更ができないですものね。子どもに名前の件で余計な辛い思いをさせたくないと強く思いました。

 

キラキラネームの問題点

子ども目線で

珍しい名前は、それだけでいじめや冷やかしの対象になり得ます。

子どもが気にしなければよいのかもしれませんが、案外こどもの世界もブラックな一面があります。

親からもらった名前で苦しめられるなんて、地獄です。

また、名前の読み間違いが増えます。それをいちいち訂正する本人は大変です。

 

先生目線で

入学式

「新入生呼名」という先生のお仕事を知っていますか?

毎年学校には新入生が入学してきますが、ほとんどの学校では入学式で担任が新入生の名前を呼びあげます。特に義務教育の学校では定番です。

これを新入生呼名と言います。

 

入学式という場で、子どもたちの名前を間違えるのを先生は過度に嫌がります。

なぜなら入学式で名前を読み間違えると、保護者からの怒りのクレームが入ることがあるからです。

そうでなくても入学式の場というものは緊張する場面なのに、保護者にもプレッシャーを与えられ、先生の緊張は張り裂けんばかり。余計間違えそうになりますよね。

 

そのため、先生たちは事前に子どもたちの名前に間違いがないかを確認し、読み間違えないように読む練習をしていたりします。しかし、そんな中キラキラネームの子どもたちが何人もいると、一人一人の名前に間違えがないか確認をしないと行けません。

 

基本的に入学式の日まで新入生とは対面しませんので、入学前に就学していた学校から送られてくる情報を信じるしかありません。

ですので、入学式前のバタバタした時間に先生が急いで子どもたち全員の名前を確認して回ることもあるのです。

 

誰が見てもすぐにわかる名前だったらこんなに苦労はしなくて済みます。

難しい名前というのは、行き過ぎると子どもが嫌な思いをしてしまうかもしれませんし、メリットよりデメリットが大きいように思えます。

 

社会に出てから

今あげてきたことは、そのまま社会に出てからも言えることです。

例えば面接で、履歴書の名前を見た面接官からツッコミが入ることがあります。

私の友人の中にもレベルが高めのキラキラネームの人がいるのですが、過去に30分ほどの面接を受けたところ、面接時間の大半が名前の由来について聞かれて終わり、結果面接には落ちてしまったというエピソードを聞かせてくれました。

聞いてみると、その一度だけではなく、何回も同じような経験をしてきているようで、遂にはその友人は改名をしてしまいました。

ちなみに手続きには時間と手間がすごくかかり大変だったそう。

 

キラキラネーム|まとめ

泣いている子供

今後も、個性的な名前の子どもは増えていくと思います。

ですが、せめて当て字や実在するキャラクターなどの名前を避け、漢字の意味から調べ、託したい思いを込めて子どもの名前を決めていってほしいと思います。

親が満足でも、子どもが将来涙を流すことになるような名前は避けてあげるべきですね。

▽面接は服装も見られます。本気で面接に臨むなら新しいスーツとシャツで。

Suit Ya

この記事も読まれています

-学校の裏話
-,

Copyright© あかぶろ|教員・介護福祉士の転職・仕事をまとめたサイト , 2019 All Rights Reserved.