日帰り海外旅行

【日帰り韓国旅行】釜山(プサン)で楽しむべき観光スポットとグルメ

更新日:

釜山のビーチ

日本から飛行機で2時間ちょっと。

韓国はとーっても近いおすすめの旅行先。

その韓国にある人気のエリア「釜山(プサン)」には楽しみがいっぱいあります!

今回はそんな釜山(プサン)のおすすめ観光スポットを日帰り旅行目線で紹介しちゃいます!

 

忙しくて時間がないなあ

海外旅行はハードルが高い

そんな方にも、近くて日帰りで行ける韓国はおすすめ。

早速紹介していきます~!

 

韓国「釜山(プサン)」日帰り旅行出発

さて、韓国の釜山(プサン)へは羽田空港からLCC便(格安航空会社)を利用していきます。

座席が狭いですが、2時間程度のフライトならなんのその。金海空港を目指します。

 

韓国釜山(プサン)日帰り旅行 日程表

■簡単な1日の旅行日程です。

深夜便にて 日本 出国

→ 釜山 金海空港

→ チャガルチ市場で朝食、ショッピング

→ 南浦洞 龍頭山公園の釜山タワーとショッピング

→ 海雲台で観光遊覧船、昼食、散策

→ 西面で免税店、地下街でショッピング、焼肉

→ 釜山 金海空港 → 日本へ帰国

 

以上が日帰り釜山満喫コースです。

 

韓国釜山(プサン)日帰り旅行 おすすめ観光スポットとおいしい食べ物!

釜山(プサン)には観光スポットやおいしい食べ物、海の幸がいっぱい。旅行日程に沿って日帰り韓国釜山旅行のおすすめ観光スポットや食べ物を紹介していきますね~!

 

日帰り旅行前日の準備段階からテンションは上がってきます。

まず、7:40頃から出国審査がスタート。

もろもろの手続きを終え、機内へ移りガイドブックを再度確認。

いざフライト!

 

釜山 金海空港へ9:40頃到着。

バスで入国審査場へ向かいます。

約5分程度で通過して、空港1Fのインフォメーションで近隣のガイド本を貰っておきます。いざと言う時にガイド本が役に立ちます。

空港内のバス乗り場や駅への向かい方などが分からなければ、インフォメーションのスタッフに簡単に説明してもらいましょう。10時には空港の外へ!

 

モノレールみたいな金海軽鉄道に乗り、沙上駅へ向かいます。

沙上駅からバスですぐの「チャガルチ市場」へ向かいます。

ここは韓国最大級の海産物市場でとても賑わいのあるところ。ぜひ足を運ぶべきおすすめの釜山観光スポットです。

市場だけに朝早くから活気もあり、美味しそうな物が目白押し。市場で働く方達に人気のある定食屋「マングム食堂」で最新のお食事を楽しみます。キムチ、肴、ご飯やスープなどの韓国家庭料理がW5000、日本円で約500円で食べ放題になります。

ちなみにチャガルチ市場は日本語が使えるお店が多いですが、支払いはクレジットカードよりも現金での買い物が中心となります。空港で日本円を韓国ウォンに変えておきましょう!

 

満腹になったら、市場内でショッピングの時間です。

チャガルチ市場のビルの二階には乾物屋さんがあり、お土産用に昆布やタコの乾き物を購入です。友人や家族に喜ばれますよ!

 

12:00頃 南浦洞へ散策がてら徒歩で移動。

南浦洞の中心にある龍頭山公園の釜山タワーで釜山の景観を楽しみます。ここは観光客以外に、地元の方も多くいらっしゃる観光名所です。ぜひ足を運んでいただきたいですね。そのまま南浦洞でショッピングを楽しむこともできます。

テレビで見たことがあるような、屋台が並ぶグルメ広場、お洒落なカフェ、韓国の化粧品屋さんなどもあり、まさにイメージどおりの韓国といった感じ。都会の街並みも楽しめます。

 

14:30頃 次の目的地である「海雲台」へ地下鉄で向かいます。

海雲台は釜山を代表するリゾート地でもあり、朝鮮八景のひとつに数えられる景勝地です。カジノもあり砂浜がとても綺麗で、なんといっても癒しの景観が楽しめます。

チャガルチ市場で朝ご飯を食べたばかりですが、散策を続けるとシーフードが食べたくなります。せっかくですので、韓国の新鮮なお刺身をいただきます。海雲台の魅力的なお店が立ち並び、水槽には新鮮な魚介類が存分に誘惑をしてきます。

日本ではなかなか食べられないヌタうなぎと呼ばれるゴムジャンオなんかもあります。せっかく韓国に来たのだから、食べてみたい一品ですね。

値段は W30000、日本円で約3000円くらいです。深海魚とのことで見た目は少しだけ抵抗ありますが、味は格別。ともかく美味しいの一言です。生タコW20000なんかも注文できます。海の幸が豊富に取り扱われているんですね~!

 

遅めのランチの後は、観光遊覧船で美しい釜山の海を満喫します。夕方くらいまで約1時間おきに出発できる。五六島までを往復。時間に余裕があれば船でも韓国釜山(プサン)日帰り旅行を楽しんじゃいましょう!

海の景色を満喫した後は海雲台を散策。釜山のビーチは砂浜が1.8キロ続いていますので、せっかくですから砂浜をお散歩。ビーチ周辺にはカフェもたくさんあるので、疲れてきたらカフェで休憩をとりつつ釜山ビーチを堪能。

 

16:30頃 西面へ移動します。

地下鉄2号線を利用して、海雲台から西面エリアへ向かいます。到着まで約30分ほど。西面では免税店と地下街をショッピングして楽しめます。

韓国といえばチープコスメ、チープなグッズ、アカスリタオル!このあたりのお土産品は地下街で購入し、海外ブランドコスメは免税価格で購入しましょう!

 

さて、韓国では焼肉が有名。誰もが食べたいと思うはず。

韓国日帰り旅行では、

・朝は韓国家庭料理

・お昼はシーフード

・夕食は定番の焼肉

これが正解です。(主観です!!!(笑))

 

朝からたくさん歩いて、お腹も空いているはず!韓国の焼肉を堪能しちゃいましょう!!

さて、韓国の焼肉といえばサムギョプサルが有名です。有名なので日本でも食べられますが、やはり本場のサムギョプサルを思い切り食べたいところ。

お値段を気にせずに、たくさん食べましょう!2人前でW30000=約3000円程で食べることができます。

予算に余裕があれば、高級韓牛という選択もできますね!

 

焼肉の後は、釜山 金海空港 → 日本へ帰国となります。

 

 

以上が日帰りで釜山(プサン)を楽しめる旅行コースになります。

・・・いかがでしょうか?日帰り旅行でも、韓国釜山(プサン)のおすすめ観光スポットとおいしい食べ物を充分に楽しむことができますよ~!!

釜山の日帰り旅行は海外旅行初心者にもおすすめ

日本から近くて、食べ物も美味しい、そして買い物も楽しい釜山は、本当にオススメです。

今回は紹介していませんが、エステ・マッサージも魅力のひとつですし、昔ながらの伝統茶屋でリラックスするという楽しみもあります。

また、人気のお土産としては、定番の韓国ノリ、キムチ、マッコリ、それからハニーバターアーモンドというお菓子もオススメです。他にも乾物・干物、お餅、コチュジャンも喜ばれますよ!

 

もちろん女性向けの化粧品も大人気で、B.Bクリームや顔に貼る小顔シート、シートタイプのパックもポピュラーなお土産ですね!

個人的なところではチャガルチ市場に売られている食品がお土産にも食べ歩きにもオススメです!

 

この記事を見て少しでも興味が沸いた方は、ぜひ日帰りでも韓国釜山(プサン)旅行に足を運んでみてくださいね~!!

▽面接は服装も見られます。本気で面接に臨むなら新しいスーツとシャツで。

Suit Ya

この記事も読まれています

-日帰り海外旅行
-

Copyright© あかぶろ|教員・介護福祉士の転職・仕事をまとめたサイト , 2019 All Rights Reserved.