日帰り海外旅行

香港へは日帰りで往復できる!1日で楽しめるおすすめの観光名所は?グルメやお土産も!

更新日:

香港

旅行と言えば国内も良いですが、やっぱり一度は海外に行きたいもの!

格安航空会社(LCC)が普及してきたおかげで、日帰りでも簡単に海外に旅行できるようになりました!

仕事が忙しくて長期休みがなかなか取れないみなさんも、日帰りなら海外まで気軽に足を運べます!!

 

さて、今回の日帰り海外スポットは「香港」!

 

香港というと映画のイメージが強いでしょうが、海外でありながら日本から気軽に行くことのできる場所です。

国内旅行と同じような感覚で日帰り旅行を楽しむことができますし、実際に香港への日帰り旅行を楽しんでいる方も少なくありません。

ここでは、そんな香港への日帰り旅行で外すことのできない観光名所やグルメ、お土産についてご紹介していきたいと思います。

 

香港への弾丸日帰り海外旅行は格安LCCを利用しよう

香港はLCC(格安航空会社)を利用することで格安でチケットを購入できます。

また、時間も深夜発~朝着の飛行機が多いため、現地での1日の滞在時間を最大限確保することができます。

弾丸での海外旅行ですので、大荷物も必要ありませんし、身軽に移動ができるのも日帰りで海外に行くメリット。

LCCで有名どころとしてはピーチ航空があります。

LCCの深夜便を利用して、1日の滞在時間を有効に活用しましょう。

 

香港への日帰り旅行で外せない観光名所

【ヴィクトリア・ピーク】

香港への日帰り旅行で外せない観光名所としてまず挙げられるのがヴィクトリア・ピークです。

香港というと映画に登場するような綺麗な夜景を思い浮かべる方も多いでしょうが、その夜景を楽しめるのがヴィクトリア・ピークなのです。

ヴィクトリア・ピークは観光客の9割以上が訪れるとも言われており、定番中の定番の観光名所です。

「東方の真珠」とも言われるような香港の夜景は、本当に圧倒されます。

日本国内にも夜景の綺麗なところはたくさんありますが、そのどれとも違う香港ならではの輝きがあります。

 

【シンフォニー・オブ・ライツ】

シンフォニー・オブ・ライツは、世界最大の光と音のショーとしてギネスにも認定されています。

ギネスに認定されているということもあって、やはりこれを目当てに香港旅行をするという方も少なくありません。

香港の場合、ライティングだけでもかなりの美しさなのですが、そこに美しい音色が組み合わさることによって、迫力満点の非日常を楽しむことができます。

台風などで中心になることはあるものの、基本的には毎日のようにおこなわれているショーになりますので、いつでも楽しめるという部分も魅力になってきます。

日本でもライティングと音楽の組み合わせのショーをおこなっているところはあるものの、夜景の綺麗な香港だからこその美しさや迫力があります。

 

【赤柱(スタンレー)】

赤柱(スタンレー)は、香港島南部の小さな海辺の街です。

海辺の街ということもあって、綺麗な海を眺めることができます。

もちろん、それだけではありません。

というのも、赤柱(スタンレー)はヨーロピアンリゾートとも言われており、コロニアル調の洋館なども見られます。

いろいろな国の雰囲気が感じられる不思議な街並みです。

マーケットでは中国雑貨なども取り扱っていますし、お洒落なレストランも多く見られます。

海や街並みの景色を楽しみながら、ショッピングもグルメも楽しめるような観光名所です。

 

【女人街(ノイヤンガイ)】

女人街(ノイヤンガイ)は、香港における名物ストリートのひとつです。

夜景の綺麗な近代的な香港もいいけども、昔ながらの下町風情を感じたいという場合には、女人街(ノイヤンガイ)がおすすめです。

人が多く、ワイワイガヤガヤとしている感じがいかにも旅をしているという気持ちにさせてくれるでしょう。

20メートルほどの道幅に露天が所狭しと立ち並んでおり、あれもこれもと目移りしてしまうはずです。

とにかくバッグから服から雑貨からありとあらゆるものが見られますし、商品の数も多いです。

仮にバッグを購入しようと思っても、あまりにも選択肢が多くて嬉しい悲鳴をあげてしまうかもしれません。

 

【彌敦道(ネイザンロード)】

香港についてよく知らないという方でも彌敦道(ネイザンロード)の名前は見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

それほどまでに彌敦道(ネイザンロード)は有名なメインストリートなのです。

香港といえば映画という話をしましたが、実はこの彌敦道(ネイザンロード)は香港映画のロケ地としても有名です。

「24時間眠らない街」とも言われており、いつ行っても活気があり、楽しめるスポットです。

いろいろなお店がひしめき合っているからこそ、看板も頭上にどんどんせり出しています。

日本ではなかなか見られない光景はまさに映画の世界です。映画の世界に飛び込むことのできる観光名所です。

もちろん、いろいろなお店が集まっていますので、ショッピングにもグルメにも困ることはありません。

 

【文武廟(ぶんぶびょう)】

香港には日本と同じようにお寺が多いのですが、その中で特に有名なのが文武廟(ぶんぶびょう)です。

香港の観光名所といえば必ず名前が挙がるようなお寺です。

香港では最古の寺院とも言われており、積み重ねてきた歴史が生み出す迫力は言葉にできないほどです。

日本ではお線香というと細い棒状のものを指すことが多いのですが、文武廟(ぶんぶびょう)では天井から渦巻き型のお線香がぶら下がっています。

大きさもかなりのものですし、お線香の火が絶えることはありません。

建築美の中でお線香の香りに包まれていると、不思議な感覚に陥るかもしれません。

静かに観光を楽しみたいという方には、まさに最適なスポットです。

 

【九龍公園(カオルーンパーク)】

九龍公園(カオルーンパーク)をただの公園と思ってはいけません。

広々とした敷地内はいくつかのエリアにわかれており、それぞれが綺麗な景色で楽しませてくれるのです。

鳥園などもありますので、ちょっとした動植物園のような感覚で過ごすことができます。

早朝には太極拳をする市民の方を目にすることもあるでしょう。

周辺にはショッピングモールなどがありますので、観光と休憩を兼ねることができるスポットと言えます。

 

香港で楽しめるグルメ

【飲茶】

香港で楽しめるグルメとしては、飲茶が挙げられます。

ド定番のグルメといってもいいでしょう。

飲茶自体は日本でも食べることができるのですが、やはり本場の味とは程遠いものです。

香港で是非本場の飲茶の味を堪能しておきましょう。

飲茶のいいところは、いろいろなものをちょっとずつ楽しめるという点です。

比較的リーズナブルなグルメですし、あれもこれもと楽しみながら食事をすることができるでしょう。

 

【ちまき】

ちまきも日本で食べられるのですが、香港のちまきは日本で食べるものとはやはり違います。

日本のちまきは具材がワンパターンなのですが、香港ではさまざまな具材のちまきを楽しむことができます。

ボリュームもあって食べ飽きない味ですので、老若男女問わず楽しめるグルメです。

鼻から抜ける香りはたまりません。飲茶と同じようにリーズナブルな価格で楽しめるグルメという点も魅力的です。

 

【亀ゼリー】

最近話題になっているのが美容デザートとして親しまれている亀ゼリーです。

日本の中華料理店などでも取り扱っていることがまれにあるのですが、日本で楽しむのはなかなか難しいものです。

一方で、香港での亀ゼリーはとても身近なものです。すぐに見つけることができるでしょう。

名前と見た目にかなりのインパクトを受けるかもしれませんが、生薬から作られたゼリーでとても食べやすいです。

何よりも美容や健康にいいのですから、是非香港へ行くのであれば味わっておきたいところです。

 

【鶏蛋仔(ガイダンザイ)】

鶏蛋仔(ガイダンザイ)というのは、エッグワッフルのことです。

見た目は梱包などに使ういわゆるプチプチが大きくなって、それがそのままワッフルになったものという感じです。

ちぎりながら食べるエッグワッフルということで、楽しみながら食べることができます。

外はカリカリ、中はモチモチで見た目にも可愛いということで、インスタ映えするグルメかもしれません。

もちろん、鶏蛋仔(ガイダンザイ)を片手に街中を散策することもできるでしょう。

 

香港で是非買っておきたいお土産

【エッグタルト】

香港といえば、エッグタルトも有名です。実際に香港にはエッグタルトの有名店があります。

出来立てをその場でいただくのもいいのですが、せっかくならお土産として買って帰るのもいいのではないでしょうか?

老若男女問わず好まれるエッグタルトですので、香港旅行のお土産で配ればきっと喜ばれるでしょう。

エッグタルトはいろいろなお店で見られますので、いくつかのお店で買って食べ比べをしてみるのも面白いかもしれません。

 

【京都念慈菴枇杷潤喉糖】

京都念慈菴枇杷潤喉糖というのは、簡単に言ってしまうと香港で多くの方に愛用されているのど飴です。

「わざわざのど飴をお土産に?」

と思われるかもしれませんが、実は京都念慈菴枇杷潤喉糖はただののど飴ではないのです。

というのも、京都念慈菴枇杷潤喉糖はのどの不調を整えるだけではなく、風邪の予防や胃痛、肌荒れなどにも効果を発揮してくれるのです。

のど飴とは言いつつも、万能な飴なのです。

定番の商品なのでどこででも購入できるのも魅力です。

 

【クッキー】

香港のお土産としては、クッキーもおすすめです。

パンダクッキーが有名だと思うのですが、実は香港ではお土産としてパンダクッキー以外のクッキーもじわじわとその人気を高めているのです。

有名なクッキーのお店で詰め合わせを購入し、お土産として配るという方も多いようです。

クッキーとしてはちょっとお高いものもあるのですが、そういったものは自分用にこっそりと購入しておくといいかもしれません。

香港にはおいしいスイーツが多いので、クッキーが人気のお土産となるのも納得です。

 

【蝦子麺】

香港にはおいしい麺料理も多いのですが、その中でよく使われるのが蝦子麺です。

蝦子麺はエビのたまごが練り込まれた麺なのですが、香港でそのおいしさに感動し帰国してから再現しようとする方も少なくありません。

日本ではなかなか食べられないものになりますので、自分用のお土産はもちろん、大切な人へのお土産にもいいのではないでしょうか?

舌の肥えている方でもきっと香港の蝦子麺なら満足してくれるはずです。

 

日帰り香港まとめ

いかがだったでしょうか。LCCを利用することで日帰りでも十分香港を満喫できます。

この記事のおすすめスポット、グルメを参考にして、香港弾丸旅行に足を運んでみてはいかがでしょう!

▽面接は服装も見られます。本気で面接に臨むなら新しいスーツとシャツで。

Suit Ya

この記事も読まれています

-日帰り海外旅行
-

Copyright© あかぶろ|教員・介護福祉士の転職・仕事をまとめたサイト , 2019 All Rights Reserved.