いろいろ雑記

【P20liteレビュー】P20 liteを3カ月使用して分かったメリット・デメリット

p20 lite

6月にHUAWEIから新作スマートフォンP20 liteが発売されてから早くも4か月。

前回の記事では購入後2週間使いまわしたレビューをしました。

前回の記事【レビュー】HUAWEI P20Liteを2週間使ってみて良かった点

 

本記事では、3カ月使用してみて前回までは気が付かなかったP20 liteのメリット・デメリットを使用者の目線から徹底レビューしていきます。購入を考えている人の参考になればと思います。

Huawei P20 liteのスペックを振り返る

P20 liteのスペック

 

p20 lite

今一度、P20 liteのスペックを確認しておきましょう。

販売日:2018年6月15日
OS:Android 8.0
CPUコア数:オクタコア
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 4GB

インターフェース:USB Type-C
SDカード:microSDXCメモリーカード 最大容量256GB
バッテリー容量: 3000mAh
画面サイズ :5.84 インチ
解像度 :2280x1080
テザリング可

背面カメラ画素数: 1600 万画素
前面カメラ画素数: 1600 万画素

SIMサイズ:NanoSIM
サイズ・重さ:71.2×148.6×7.4 mm  145 g
カラーバリエーション:クラインブルー・サクラピンク・ミッドナイトブラック

参照:価格.com

HUAWEIのP20 liteのスペックは上記の通り。

HUAWEI公式HP

P20 liteを3か月使ってみて良かった点・メリット

P20 liteを3か月使ってみて私が体感したメリットはこちら!

  • 電池持ちのよさ
  • 顔認証と指紋認証の快適さ
  • インカメラ
  • 位置情報(GPS)が正確
  • ノッチが便利

それぞれ補足をしていきます。

電池持ちの良さ

電池持ちの良さは個人的にiPhoneに負けていないですね。

この3か月の使用で、1日全くスマートフォンが触れない日があったのですが、1日(24時間)経過後に電池残量を確認したらなんと98%!!画面を操作していない状態ならほぼ電力を消費しませんね。

もちろん、高画質動画を長時間見たり、ネットサーフィンを続けていくとそれなりに電池は消耗していきますが、どんなにヘビーに使っても今のところ1日1回の充電で十分なのはありがたいですね。

電池持ちはP20Liteの電池持ちをレビュー!場面ごとに徹底検証してみた!でも紹介していますので参考にしてみてください。

 

顔認証と指紋認証の快適さ

スマートフォンって、使いたいときにパッと使いたいじゃないですか。顔認証と指紋認証のおかげでそれが実現できています。

顔認証はスマホをもって画面を見るだけで1秒かからずロックが解除できます。しかも、瞼を閉じていると反応しないという高精度。寝ているときに寝顔で解除・・・なんてことを防ぐためでしょうか。

指紋認証は、登録した指をで背面指紋センサーに触れるだけ。指も何本も登録できますので、自分の持ち方によって最適な指を登録することができます。(ちなみに私は人差し指で登録しています。)

指紋認証も1秒かからずで即効ロック解除ができますのでストレスフリーのセキュリティーと言えます。

 

インカメラがキレイに撮れる

P20 liteはインカメラが1600万画素でとってもキレイに撮れます。友人や仲間との自撮りをする機会が多い方には嬉しいポイントですね。(一方で、捉え方によってはインカメラのデメリットもあるので、下で詳しくお伝えしていきます。)

 

位置情報(GPS)が正確

GPSで行きたい場所のナビをする機会が多いのですが、かなり位置情報は正確です。スマートフォンによってはGPSのつかみが悪い機種もあるため心配していたのですが、問題なしで安心しました。

グーグルマップも問題なく動作します。車でのナビもばっちりでした。

 

ノッチが便利

p20 lite

スマホの上部のステータスバーの部分がノッチになっていて画面のサイズを損なうことなく必要な情報をチェックできます。※ノッチ・・・インカメラの左右の部分。今までは画面表示されずもったいない部分でした。

 

イチ押しUQモバイルでP20Liteをチェックしてみよう

UQモバイルでP20 liteを見てみる

 

P20liteを3か月使ってみて良くない点・デメリット

P20liteを3か月使ってみて私が体感したデメリットはこちら!

  • 横画面の使用でホームボタンが消える
  • ステータスバー常駐アプリがよく強制終了している
  • アウトカメラ(背面カメラ)は思ったより普通
  • インカメラ(前面カメラ)が白く補正がかかる
  • 文字入力・文字変換
  • ホームボタン長押しで起動するGoogleアシスタント
  • SDカードスロットの位置
  • 充電にはそれなりの時間がかかる

それぞれ補足をしていきます。

 

横画面の使用でホームボタンが消える

YouTubeなどを横画面で観た時に、ホームボタンや戻るボタンが空気を読んで消えます。画面をスライドすれば出てくる仕様なのですが、なかなか反応せず時間がかかるときがあります。

 

ステータスバー常駐アプリがよく強制終了している

Yahoo天気予報をステータスバーに常駐していたのですが、強制終了されていて、すぐに天気が知りたいときに困っていました。調べてみると、省電力機能でのタスクキラーがデフォルトで設定されている。設定から強制終了しないアプリを選択できるので、そちらから設定することで回避できました。

 

アウトカメラ(背面カメラ)は思ったより普通

p20 lite カメラ

アウトカメラ(背面カメラ)はパッと見キレイに撮れますが、ズームすると少し粗さを感じます。体感ですがiPhoneの方がキレイに撮れる印象です。

シーンごとに使い分けや設定が細かく変えられるので、設定次第では変わるのかもしれません。(デフォルトで撮影した感想です。)

 

インカメラ(前面カメラ)が白く補正がかかる

p20 lite インカメラ

インカメラのメリットとデメリットは表裏一体かもしれません。

インカメラで撮影した画像は白く補正がかかります。特に人物を撮影したときにはかなりの美肌補正が。

例えるなら、SNOW(スノー)で撮影したときのような感じの補正。目は大きくなりませんが、明らかに肌が白くシミなどが目立たなく補正されます。

この点は、少しでも人物の自撮りをキレイに撮影したいという女性にはメリットかも。

 

文字入力・文字変換はいまいち

はっきり言って、文字入力や文字変換はいまいちで少し時間がかかります。

日本語への切り替えやフリック入力への切り替えも少し手間。記号や絵文字へのアクセスもちょっと迷います。

文字変換もそこまで良くない。また、ツイッターでリプを返すときに強制的にキーボードが消えてしまう時があった。(ツイッターアプリとの相性かも?)

文字入力や文字変換についてはGoogle文字入力アプリやSimeji、ATOKなどを使用すれば良いのかもしれませんね。

 

ホームボタン長押しで起動するGoogleアシスタントがうっとおしい

ホームボタンをちょっと長めに押してしまう時があるのですが、毎回起動するGoogleアシスタントを消すのがひと手間かかってうっとおしく感じます。(気にならない人には気にならない点かも)

 

SDカードスロットの位置

SDカードスロットがSIMカードの場所と一体型の構造なので、取り外しが面倒。GoogleフォトやGoogleドライブなどの共有アプリを使用すれば問題はありませんが、直接SDカードを出し入れするときには電源を落とさないといけないので手間がかかります。

 

充電にはそれなりの時間がかかる

最初こそ充電も早いと感じましたが、さすがに30%から1時間で満タン・・・とまではいきませんね。とはいえ2~3時間程度充電すれば満タンまで充電されますので気にならない方は問題ないでしょう。

 

P20 liteはどこで買う?

▼P20liteはUQモバイルで契約するか、SIMフリーをAmazonや楽天市場などで購入するのがおすすめです。

UQモバイルはお昼や夕方の回線が込み合う時間でも比較的ネットが早くつながりますし、大手の携帯会社と比較しても格安で利用ができます。私のプラン(UQモバイル)では一ヶ月2000円ほどで運用ができています。

 

おすすめUQモバイルでP20Liteをチェックしてみよう

UQモバイルのP20 liteを見てみる

 

P20 lite 3か月使用レビューまとめ

p20 lite

3か月使用してみて、メリット・デメリットがたくさん見えてきました。しかし、どんなスマートフォンにもデメリットはありますし、すべてひっくるめてもHUAWEI(ファーウェイ)のP20 liteはホントに買って良かったと思っています。

3万円&月々2000円程度の携帯利用料金でこれほどのスマホが買えるなら時代なんですね。改めてになりますが、P20 liteは2018年買うべきスマホの一つだと胸を張って言えます!

気になった方は一度UQモバイルのHPでチェックしてみると良いでしょう!

 

UQモバイルでP20 Liteを見てみる

 

  • この記事を書いた人

あかす

元教師|教員の転職・教採対策を中心に経験者のリアルな情報を綴ります。

-いろいろ雑記
-,

Copyright© 教員BLOG , 2019 All Rights Reserved.