いろいろ雑記

【レビュー】HUAWEI P20Liteを2週間使ってみて良かった点

P20Lite

 

HUAWEIから新作スマートフォンP20Liteが発売されました!

P10Liteの後継機として良さを引き継ぎつつ性能アップがされています。

今回はP20 Liteを実際に購入した私が2週間使い倒してみての徹底レビューをお伝えしていきます。

「P20 Liteを買おうかな」

「スペックはどのくらいかな」

「実際に使ってみての使用感やしっかりとしたレビューを聞きたい」

と考えている人の参考になればと思います。

それでは早速スペックを見てみましょう!

Huawei P20Liteの基本スペックとレビュー評価

P20Liteの基本スペック

販売時期:2018年夏モデル(6月15日)
OS:Android 8.0
CPUコア数:オクタコア
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 4GB

インターフェース:USB Type-C
SDカード:microSDXCメモリーカード 最大容量256GB
バッテリー容量: 3000mAh
画面サイズ :5.84 インチ
解像度 :2280x1080
テザリング可

背面カメラ画素数: 1600 万画素
前面カメラ画素数: 1600 万画素

SIMサイズ:ナノSIM
サイズ・重さ:71.2 x 148.6 x 7.4 mm 重量 145 g
カラーバリエーション:クラインブルー・サクラピンク・ミッドナイトブラック

参照:価格.com

HUAWEIのP20 Liteのスペックは上の通り。

OSも最新で、オクタコア。

インターフェースは表裏の区別のないUSB  type-Cに変更されていますね。

防水・防塵はありませんが、安さ重視でそこまで防水にこだわっていない人には必要ないでしょう。

 

販売価格ですが、

2018年7月現在 30000円程度の価格帯です。

同価格のSIMフリースマホと比べても一歩性能が抜きんでている印象ですね。

 

背面カメラは通常のスマートフォン同程度です。

(充分きれいに撮影できます)

特筆すべきは前面カメラ。とても性能が高く自撮りもよりきれいにできます。

自撮りをしてみても、背面カメラに劣らない美しさ。

前面カメラ(内側カメラ)がキレイに撮影できるということで一時期はiPhoneを使用していた私。

今回ようやく「格安スマホ」と言われるスマートフォンの中から前面カメラにも力を入れた機種が出てきたなという印象を受けました。

 

カラーは3色展開。

個人的にはホワイトが欲しかったところです。

ですが印象的なクラインブルーがあり、目新しさを望む人にはぴったりの配色かもしれません。

配色はどのカラーも非常い美しいため、どれを選んでも間違い無いと感じます!

 

P20Liteのレビュー評価

価格.comのレビューを見ると

人気ランキング 1位

(約3000機中)

満足度レビュー評価 4.41

と文句なしの性能です。(2018年8月23日現在)

レビューを見てみると、

・電池持ちが良い

・カメラの性能が良い

・価格が安いのに高性能

といったレビューが多く見受けられます。

P20Liteを使ってみてのレビュー

顔認証ロック解除が素晴らしい

画面のロック解除が顔認証でできます。

これが画期的で、普通に電源ボタンを押せば顔認証で1秒足らずでロック解除ができる。

しかも、P20 Liteの顔認証の精度が素晴らしいんですよね。

メガネの有無や髪形の変化にも対応してくれます。

 

怖いところと言えば、寝てる間に勝手にロックを外される心配があるかもしれません。。(笑)

⇒使ってみてわかったのですが、目をつむっていると顔認証されずにロックが解除されません!!

・・・すごい!寝顔でロック解除の心配はなくなりました。

 

指紋認証の精度も良い

P20 Liteは背面にある指紋センサーでロックを解除できます!

こちらも素晴らしい精度。

以前までのアンドロイドスマートフォンやiPhoneではパターンロックを使用していましたが、顔認証と指紋認証のおかげで、パターンロックを使わなくなりました。

もちろん、パターンロックやPINロックもかけられますので、よりセキュリティ面が強化され、幅が広がりました。

セキュリティを求めている方にもこの点は強くおすすめですね。

 

電池持ちの良さ

P20Liteは電池持ちが素晴らしいと感じます!

使わないときにはほとんど消耗しません。

使えばそれなりに減る、と言う感じでしょうか。

ヘビーに使った日でも、夕方ごろにまだ50%残っていることも多いです。

▼電池持ちについて詳しくは別の記事にしてますので、チェックしてみて下さい。

 

画面解像度はとてもきれいに感じるレベル

画面の解像度も非常に美しく感じるレベルです。

動画視聴も苦になりません。

写真もとてもきれいに見れます♪

ネットで調べごとをしていても、画像の粗さなどは全く気になりませんね。

インカメラがとてもきれいに撮れる

これは素晴らしいの一言。

インカメラって今までは背面カメラに比べると画素数が少なく、画像が荒いなという印象でした。

しかし、P20Liteでは、インカメラ(前面カメラ)もバッチリキレイに撮れます。

友人との記念撮影が多い人には特におすすめ。

もちろん、アウトカメラもばっちりキレイに撮れます。

(インカメラに比べると他の機種とあまり変わらない印象です)

しかし、暗いところでもかなりくっきり撮れるのが良いですね。

花火などの光もきれいに撮影できました!

動画もカクつきなくヌルヌル取れるので、ありがたいです。

明るさの自動調整具合が良い

明るさの自動調整機能。

これは機種によって調整具合が異なることが多いのですが、個人的にバッチリ。

寝る前の真っ暗なところでも明るすぎないようにしっかりと光度調節がされています。

いちいち光度を調整するのは面倒ですからね。

この点もばっちりでした!

USB Type-C が便利

表裏のない充電端子なので、いちいち確認せずにケーブルを差し込めます。

最近ではUSB Type-Cを採用するスマートフォンが増えてきているので、P20Liteもしっかり搭載してきましたね。

このUSB Type-C、とっても便利。

裏表を気にしなくていいので、さっと充電端子を差し込めます。

充電の速さも体感ですごく早いです。

1時間も充電すればほぼ満タン。

アプリがiPhoneのようにホーム画面にまとめられる

個人的にですが、アプリのドロワーを開いてからアプリを選択するのは好きではありません。

iPhoneのようにホーム画面にすべてのアプリが表示できる設定があるので、好みでどちらにも対応できます。

iPhoneからの乗り換えでも似たような操作感覚で使えるでしょう。

もちろん、フォルダも簡単に作れます。

 

音質も悪くない

個人的にですが、P20 Liteの音質はずば抜けて良いというわけではありませんが、悪くない印象です。

イヤホンやBluetoothイヤホン、ヘッドホンで音楽を聴いてみても違和感をは感じませんでした!

家でYouTubeなどを見ていてもスピーカーの音量も適切でしっかりと聞こえるので、私の使い方では問題なしです。

 

ジェスチャーに対応

P20Litはeジェスチャーに対応しており、画面を決められたとおりにタッチすると、特定の動作をしてくれます。

特に最近使っているのが、「スクリーンショット」です。

表示している画面を撮影する機能ですが、3本の指で画面をなぞるだけでスクリーンショットが取れてしまします!

今までのスマホでは、「特定のボタン同時押し」でスクリーンショットを取るのが基本でしたので、誤動作も多かったです。

かゆいところに手が届くような機能も嬉しいポイントですね。

最新ゲームも問題なし

P20 Liteで最新ゲームをプレイしてみていますが、もたつきやカクつきはなく問題なく遊べています。

(荒野行動、PUBG、ポケモンGOなどをプレイしています)

発熱も今のところなし。

ゲームを楽しみたい方にも◎

購入時にクリアケースが付属されていた

私はUQモバイルにてP20Liteを購入しました。

スマホカバーはAmazon楽天市場などで購入する予定でしたが、到着して箱を開くとクリアケースが付属されていました。開けたその場から大事に使うことができます。この点はありがたいポイントでした。

 

UQモバイルでP20 Liteを見てみる

 

P20Liteを使ってみてもう少しな点

全画面モードは正直使わない

あらゆるアプリで、画面下に「全画面表示」にできるのです。

しかし、使わない時にもホームボタンと間違えて押してしまうときがあります。

これが個人的にいまいち。非表示にできると良いのですが。

 

おサイフケータイが使えない

これは使用者にも寄りますが、おサイフケータイ機能がないです。

モバイルSuicaなどを利用している人は注意が必要ですね。

 

マルチタスク(2画面)に対応していないアプリがある

2画面でアプリの操作ができるマルチタスク機能があります。

ツイッターをしながらブログを見たり、YouTubeを見ながら調べごとができます。

しかし、アプリによってはマルチタスクに対応していないアプリがあったので、少し気になりました。

 

SDカードの取り外しが面倒

P20 LiteはSDカードとSIMカードの取り出し口が同じ場所になっています。

ですので、SDカードを出し入れするたびに、スマホの電源を落としてSIMカードごと抜き差ししなくてはなりません。

あまりSDカード使わないよーと言う方には気にならない点かもしれません。

ちょっとした課題点かな?と思います!

続き【P20liteレビュー】P20 liteを3カ月使用して分かったメリット・デメリット

p20 lite
【P20liteレビュー】P20 liteを3カ月使用して分かったメリット・デメリット

6月にHUAWEIから新作スマートフォンP20 liteが発売されてから早くも4か月。 前回の記事では購入後2週間使いまわしたレビューをしました。 前回の記事【レビュー】HUAWEI P20Liteを ...

続きを見る

 

P20 Liteのおすすめ購入方法

P20LiteはUQモバイルで契約するか、SIMフリーをAmazonや楽天市場などで購入するのがおすすめです。

UQモバイルがおすすめな理由としては、お昼や夕方の回線が込み合う時間でも比較的ネットが早くつながる印象が強いから。

マイネオやIIJ、Ymobileなど格安プランを掲げているMVNO会社はありますが、データ通信速度でもUQモバイルは一歩抜きんでている印象です。

(今まで30台以上のスマホ・10社以上のMVNO会社を利用してきた中での個人的な印象にはなりますが)

また、私のプラン(UQモバイル)では一ヶ月2000円ほどで運用ができています。

大手の携帯会社と契約するよりも圧倒的に費用も抑えられますのでおすすめです。

 

イチ押しUQモバイルのP20 liteをチェック

UQモバイルでP20 Liteを見る

 

P20Liteレビューまとめ

P20Lite

参照:https://consumer.huawei.com

かなりヘビーに使用していますが、今のところいまいちな点がほとんど見当たらないです。

UQモバイルP10Liteと悩みましたが、最新機種のP20Liteにして正解だったと思います。

スマホの進化はとどまることを知らないですね。

HUAWEI(ファーウェイ)の機種は長く丈夫に使える印象があり、P20Liteは買って損がない格安スマホと言えます。

UQモバイルの回線の具合も良く、ほんとに買って良かった。

はっきり言って、P20Liteは格安スマホの中でも群を抜いて良いです。

3万円ほどでこれほどのスマホが買えるなら、デジカメとかもいらなくなりますね。

価格.comのランキングでも1位。

2018年買うべきスマホの一つだと胸を張って言えます!

続き【P20liteレビュー】P20 liteを3カ月使用して分かったメリット・デメリット

p20 lite
【P20liteレビュー】P20 liteを3カ月使用して分かったメリット・デメリット

6月にHUAWEIから新作スマートフォンP20 liteが発売されてから早くも4か月。 前回の記事では購入後2週間使いまわしたレビューをしました。 前回の記事【レビュー】HUAWEI P20Liteを ...

続きを見る

 

イチ押しUQモバイルのP20 liteをチェック

UQモバイルでP20 Liteを見る

 

~管理人のイチオシ~

教員からの転職経験者のわたしが実際に利用してみておすすめできるものをちょっとご紹介♪お試しあれ(*'▽')

【社会人のマナー】スーツはぴったりサイズで「Suit Ya」

Suit Ya

社会人なら服装マナー面接でも外見は超重要。外見で後悔しないように自分にピッタリ合うスーツシャツを用意しておきたいところ。Suit Yaならサイズの保証もあり、腕の長さ首まわりの広さもしっかりと合わせられます。まずは1着試してみては。

【転職を考える人に!】リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職を考えるすべての人にはまず本気リクルートエージェントを勧めたい。キャリアアドバイザーの方の対応が非常に丁寧で、紹介される求人の質も魅力を感じました。求人紹介メールもしつこくなく自分のペースで転職を進められるので迷ったらココで間違いなし。

  • この記事を書いた人

あかす

元教師。現在は派遣と副業でWワーク。|教員の転職・教採対策を中心に経験者のリアルな情報を綴ります。|しがらみや板挟みだらけの教員の働き方に一石を投じたいと思ってサイトを運営中。もうすぐ30代。紅茶が好き。

-いろいろ雑記
-,

Copyright© あかぶろ|教員の転職/教採対策なら , 2019 All Rights Reserved.