日帰り海外旅行

LCCで行く日帰り台湾旅行!おすすめ観光スポットやグルメ旅行記

更新日:

台湾のマンゴー

 

先日初めての海外旅行に行ってきました管理人です!

場所は「台湾」!しかも、なんと日帰り旅行です!!

 

今回は私が実際に行った台湾の日帰り旅行(一人旅行)の旅行記と共に、おすすめグルメや観光スポット、はじめての台湾旅行での注意点などをお伝えしていきます!

 

日帰りでの台湾旅行を選んだ理由

  • 日本に近くて、搭乗時間が短い
  • 英語と日本語が通じる
  • 親日で治安が良い
  • 食事がおいしい
  • 泊まる時間がない

とにかく時間が取れず、週末での弾丸旅行で海外に行くことに。

初めての海外旅行。

とにかく安全に楽しみたい!と思い、日本語や英語が通じやすい近場の国で、おいしい食べものが食べられるということで、台湾に決めまました。

 

日帰り台湾旅行の持ち物

必須の持ち物

・パスポート

・チケット

・スマートフォン

・WiFiルーターもしくはsimカード

・充電器・モバイルバッテリー

・日本円

・クレジットカード

忘れずに持っていきましょう!

 

 

台湾おすすめの観光スポット3選(台北周辺)

九份(きゅうふん)

九份は台湾で超有名な観光スポットです!

台北から2時間半ほどバスに揺られながら、山の中へ進んでいくと、伝統的な建物や食べ歩きのできる観光スポットが現れます。

夕方の提灯がとても綺麗。

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったとも噂されているおすすめの観光名所です。

 

 

士林夜市(しーりんよるいち)

taiwan-night-market

台湾では夜市が有名です!

食べ歩きのおすすめグルメもたくさんあって、台湾に行ったならばぜひとも行くべき観光スポット。

夜市はたくさんありますが、中でも士林夜市は台北最大級の夜市。

夜ご飯はここでバッチリ食べ歩きできます♪

 

台北101

台北にある最大級のショッピングモールである、台北101。

ちょっとしたお買い物やお土産はここで探すのも良いかもしれません。

上の階からは台湾の全貌が見えちゃいますね!

台湾に来たら一度は行ってみたい建物!

夜はひと際ライトアップされていて幻想的。

 

 

台湾おすすめのグルメ・食べ物

私が日帰り旅行の中でも絶対に口にしたい!と思っていたのはこの3つ。

世界一の小籠包

鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包。

「世界一の小籠包」とも言われています。日本にもあるお店ですが、本場で味わいたい一品です。

台湾には何か所か有名な小籠包のお店がありますので、台湾旅行おすすめのグルメです!

 

マンゴーかき氷

台湾と言えば、マンゴー!

台湾ではマンゴーをたーっぷり使ったマンゴーかき氷が有名。

夜市で売っていることが多いので、食べ歩きの時の口直しに。

 

タピオカミルクティー

台湾ではタピオカミルクティーが良く飲まれています。

チェーン店もたくさんあり、どれもクオリティが高いと有名なんですよね。

台北市内にもたくさんの店舗があるみたいですので、是非とも飲むべき一品。

 

 

台湾の言語

台湾の言語としては主に

・北京語

・台湾語

・中国語

が使われています。

しかし英語もある程度通じますので、ご安心を。

また、台湾は親日で有名です。

日本人にはとてもやさしく、日本語を話せる人も結構います。

もちろん、空港の係員や案内係の人は英語も日本語もそれなりに離せますので、心配はいりません。

メモ帳に漢字を書くと結構伝わりますので、筆記用具を持って行くのがおすすめ!

 

 

台湾日帰り一人旅の日程

台湾のマンゴー

今回の台湾一人旅の日程はこんな感じでした!

・羽田空港に前泊

・朝発のピーチ航空で台湾へ

・台湾の桃園国際空港到着

・桃園から台北へ

・台北から九份(きゅうふん)へ

・九份観光~食べ歩き

・九分から台北方面の夜市へ

・桃園国際空港へ

・桃園国際空港から羽田空港へ

それでは順を追って旅行記を載せていきますよ~!

 

初めての台湾一人旅:旅行記

羽田空港に前泊

行きは羽田空港からの格安ピーチ航空です。

ピーチの格安チケットは本当に安い!

往復のチケット代はなんと15,000円程度!

JALやANAなどと比べると、サービスが若干シンプルですが、台湾までは4時間ほどの短い旅なので機内食も食べないつもりでした。

問題なし。

 

ネットで事前にチケットを購入しておいたので、出発時間までは空港で時間をつぶします。

出発時刻は朝の5:50。

始発では羽田空港に間に合わないため、前日の終電で羽田空港に到着していました。

羽田空港、久しぶりに行きましたが、ここがすでに観光地みたいな空間になっているのですね・・・!

程よくライトアップされていて綺麗。

心地よく眠れそう。

ベンチがたくさんあるので、飛行機を待っている人たちがたくさんいました。

ベンチですやすやと寝ている人も多かったです。

 

羽田空港内には

・茶屋

・ラーメン屋

・居酒屋

・カフェ

などがあり、深夜帯に開いているお店も結構あります。

わたしはこの時間にガイドブックで台湾の観光スポットの復習。

 

ちなみに・・・

台湾は急な雨が多い国です。

傘などの雨具は必須と聞き、この日のためにTimberlandの防水靴を購入!

観光中に足がぐちょぐちょに濡れるのは避けたいですからね。

個人的には雨の日の足元の防水はかなり重要だと思っています。

せっかくの旅行ですので、気持ちよく観光したいですし。

雨のよく降る場所への旅行には必須のアイテムだと思います。

 

▼空港のターミナル。

アルファベットで取り扱い便が分けられています。

私は事前にWifiを契約していたので、受け取りカウンターで受け取りを済ませておきました。

名前を言うだけですんなりと受け取ることができました。

 

格安のピーチ航空で台湾へ

ピーチ航空の便で台湾へ。こちらは台湾の上空。

羽田から約4時間のフライトでした。

わくわくからか、一睡もしないでガイドブックを読み漁りました。

さて、ここからが本番。台湾観光の始まり!

 

台湾到着後にやること

台湾に到着。桃園国際空港。

入国手続きを済ませていざ観光へ!

…とその前に、観光のためにやるべきことを済ませます。

 

台湾ドルに両替

まず、台湾の現地通貨を手に入れます。

お金がないと何も買えないですからね。

一応台湾の都市部でも銀行などで両替はできるみたいですが、そこに行くまでにお金がかかります。

クレジットカードだけでは不安でしたので、事前に両替をしておきます。

ちなみにこの時、1台湾ドル=約3.7円。

現地の値段を4倍すれば、ほぼ日本円として換算できると考えておけばOK。

食べ歩き目当ての日帰り旅行でしたので、2万円を台湾ドルに両替しました。

これでお金の準備はバッチリです。

 

悠遊カード(EASY CARD)を購入

台湾にある日本のPASMOやSuicaなどのような悠遊カード(EASY CARD)

MRTと呼ばれる鉄道やバス、コンビニで大活躍ですので、必ず購入しておきます。

カウンターのお姉さんが英語ができたので、ジェスチャーと不慣れな英語で購入。

お姉さんは外国人観光客に慣れている様子で、私が外国人とわかるとすぐにパンフレットと電卓を出してジェスチャーとハキハキとした英語で分かりやすく教えてくれました。

とても緊張してうまく話せなかったと思いますが、親切なお姉さんに感謝です。

ちなみに悠遊カードは自動券売機でも購入可能。お好みで。

最初に多めにチャージしておくと今後の一人旅が楽チンです。

 

桃園国際空港~台北~九份へ

桃園国際空港からMRTに乗り、台北市内へ。大体40分くらい。

下に英語も書いてあるのでわかりやすいですね。

そして台北に到着。

台北辺りは日本とそんなに印象は変わらない感じ。

黄色いタクシーとバイクがやたら多いのに驚き。

 

 

50嵐(ウーシーラン)のタピオカミルクティー

台湾で有名なタピオカミルクティーのお店。

駅にあったので即購入!好きなメニューを指差し、英語で注文しました。

その場で作ってくれるのに、ちゃんと蓋が貼り付けられているのに感動。

持ち歩きようのビニールに入れてくれました。

これ、相当大きいです。飲みごたえバッチリ。

ただ、一つ注意点としてはMRT内では飲食禁止です。 罰金も高いのでつい飲んでしまわないように。

 

▼台北から、九份へバスで2時間ほどを移動していきます。バスに乗るときに渡してくれるチケットのようなもの。

席を確保するために必要みたい。

▼バス車内はこんな感じ。

手元にUSB充電用のコンセントがついていました!便利!

バスの旅は2時間半ほど。

途中で少し雨がちらつきました。やはり台湾は雨具が必須と言われているだけあります。

 

▼奥の大きな建物が「台北101」と呼ばれる台湾でも有名なショッピングモール。
今回の日帰り旅では寄る時間がなかったため、またの機会に伺うとします。

高速道路のような道を進みつつ、どんどん山の中に近づいていきます。

台湾の人は、車間距離が狭いです。

バスの運転手もタクシー運転手も。

あとよくクラクションを鳴らします。

日本は静かで安全な運転なのだなあと感じる。

これも海外に来たからこその発見。

さあ九份へ近づいてきました。

 

とりあえず人と車が多すぎる。

金曜日なのに土日の原宿ぐらい混んでいました。

人は車を気にしないし、車も人をあまり気にしないで走っています。

よく事故が起きないなーなんて思ったり。

 

▼九份に到着!

セブンイレブンが入り口の目印です。

人が多いですが、コンビニの右の通りを流れに沿って進んでいきます。

さあ、ここからが食べ歩きの旅スタート!

九份で食べ歩き

こんな感じで道は少し狭い。

両サイドにお店が並んでいます。

とりあえず、言葉が読めないので、見た目とにおいと雰囲気で食べるものを探す。

フランクフルトのような肉串!めっちゃジューシー。

フランクフルトよりも肉感があり、食べ応えがありました。

ちなみにこのお肉、猪肉と書いてあったので、イノシシのお肉?なのでしょうか。

40元(約160円)

 

お次はこれ。クラゲのようなゼリー状のものにお肉が入っている。UFOみたい。

注文するとカットしてカップに入れてくれました。

茶色のソースをかけて渡される…。

一口食べてみると、すっぱい!香草?のような味がする。

私の口には合わなかったですが、頑張って食べきる。20元(約80円)

 

次はこれ。芋で作ったお餅が入っています。

暖かくて控えめの甘さ。

雨で少し寒かったので、体が温まりました。50元(約200円)

ちなみにこちら英語で「タロボール」と言うみたいです。

日本語で書かれているメニューもありました!

 

 

道なりに進むと、印象的な建造物が。この辺りからこういう外観の建物が増えてきます。

 

色とりどりで鮮やかな建造物。カップルや観光客が写真を撮り合っていました。

拡大するとこんな感じ。竜と人?神様?がいるのが分かります。

 

提灯の灯りがこの九份の特徴です。

しかし、一番綺麗で趣が感じられる夕方までは滞在できなかったため、また今度撮りに来るとします。

 

のどが渇いたので飲み物を購入。

杏仁milkと書いてあったので、杏仁豆腐のような感じかと思ったらすごく粉っぽい。

あまり甘くなくて、ちょっと残念。

さあ、今回の九份はここまで。

これから急いで台北へ戻って夜ご飯!

ちなみに台北に戻る途中で死ぬかと思うほどの体験をしました・・・。

▼詳しくはこちら

参考日帰り台湾旅行で死にかけた話。海外旅行は危険なタクシーに要注意!

taipei-taiwan
日帰り台湾旅行で死にかけた!!海外旅行は危険なタクシーに要注意!

  海外旅行先の中でも身近な台湾。 先日、日帰り旅行に行ってきました。 楽しかった思い出もありますが、旅行道中に死にかけた体験をしたので、少しでもみなさんに注意喚起ができればと思います!! ...

続きを見る

 

鼎泰豐(ディンタイフォン)の小籠包

日本でも有名な鼎泰豐に行きました。

こちらは「世界一の小籠包」なんて言われているほどの有名店。

絶対食べたかったおすすめのグルメです!

夕方に行ったので、一人でもすんなりと席へ案内してもらえました。

日本語で小籠包の食べ方が書いてあります。

日本人もよく訪れるお店なので配慮が行き届いています。

世界一と言われる小籠包と台湾ビールで乾杯!

小籠包は思ったより中の汁が控えめで食べやすい。

でも、皮が柔らかいからよりジューシーに感じる。最高でした。

今まで食べた小籠包で一番おいしかったです。

ヘチマとエビ入りの小籠包が好みでした。

 

MRTで士林夜市へ

MRTに乗り、台湾最大の夜市へ向かいます。

と、ここでやりたかった足つぼマッサージ!

台湾に来たら足つぼマッサージにもぜひ足を運んでみてください!

時間がなかったので30分コースで突撃。

最初にかなり熱いお湯で足を温めてからマッサージが始まります。

今回はおばちゃんが担当してくれました。

クリームを足に塗りたくって、こすりつけるように押してきます。

正直、女性の力でも十分気持ちよかった。

男性スタッフにマッサージされていた他の観光客はうめき声を上げていました。

30分コース400元(約1600円)

足もほぐれ、夜市へ向かいます。

 

士林夜市に到着!さあ、最後の食べ歩きです。

 

カエルのマークが特徴的な飲み物。

オーギョーチ。愛玉子と書きます。

柑橘系の風味の飲み物で、ゼリーが入っていました。

さっぱり飲めておすすめ。

40元(約160円)

▼日本でも購入できるみたいですね

created by Rinker
金莱香
¥328 (2019/08/25 16:50:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

▼これが夜市で食べたかった、名物のマンゴーかき氷。

氷がシャリシャリしていないかき氷です。

ふわっふわ。

マンゴーもたくさん乗せてくれて大満足。

120元(約480円)

 

台湾のお土産

台湾のお土産といえば・・・パイナップルケーキだそう。

知らなかった!

▼これがパイナップルケーキです。

そこまでパイナップル感はなく、しっとりと程よい甘さ。

なるほどね、おいしかったです。

 

さあ、夜市をひと通り満喫できたので、空港へ向かいます。

そして桃園国際空港から、台湾またね~と飛行機に乗って羽田空港へ向かいます。

羽田空港へ到着

日本に戻ってまいりました。

しかし時間は深夜の1時過ぎ。

またもや羽田で1泊です。

みなさんベンチで寝てます。

私も周りの人に習い、ベンチで朝まで時間をつぶしました。

羽田空港にはベンチがたくさんありますので、探せばどこかしらで休憩できます。

この後始発で帰って今回の旅は終了~♪

台湾一人旅|まとめ

さて、こんな感じで初めての台湾旅行を日帰りの一人旅と言う形で終えました。

いやー、初めて海外旅行に行った私でしたが、台湾は日本人にやさしく、おいしい食べ物も多かったように思います。

とっても楽しかった!

フライト時間も4時間ほどと短めなので、気軽に海外に行ってみたい人にはとてもおすすめです!

日帰りでも十分楽しんでこれますので、ぜひ台湾へ足を運んでみてくださいね!

▽面接は服装も見られます。本気で面接に臨むなら新しいスーツとシャツで。

Suit Ya

この記事も読まれています

-日帰り海外旅行
-,

Copyright© あかぶろ|教員・介護福祉士の転職・仕事をまとめたサイト , 2019 All Rights Reserved.