教員の転職

教員から民間の企業への転職は難しい?その理由と対策をまとめました!

教員から民間への転職

 

教員から民間企業への転職は難しい

教員はつぶしが効かない

 

なんてよく耳にしますが、本当に教員は民間企業へ転職しにくいのでしょうか。

 

 

あかす
みなさんこんにちは。教員から民間企業へ転職をした管理人です。

教員から転職を考えるとき、ほとんどの方が民間企業を探すはず。

 

 

本記事では教員から民間への転職に焦点を当てて、

  • 教員から民間への転職しやすさ
  • 教員からの転職対策

をお伝えしていきます。

 

経験者の生の声ですので、参考にしていただければ、ためになることもあるかと思います。

ぜひ参考にしてみてください!

 

教員から民間の企業への転職は難しい?

 

結論から申します!

教員経験を生かせれば教員から民間企業へ転職することも難しくありません

 

さて、補足していきます。

転職する際には『仕事を通じて培ったスキル・経験』が求められます。

一方、新卒では『将来性』『伸びしろ』『いま持っているスキル』などを求められます。

ここが転職活動就職活動の大きな違いです。

 

転職と就活の大きな違い

転職:『仕事を通じて培ったスキル・経験』を求められる

就活:『将来性』『伸びしろ』『いま持っているスキル』を求められる

 

教員から民間の企業への転職は難しいと言われる理由

 

民間企業では転職の際に似たような職種・業種に転職する人も多くいます。

その場合は業務を通じて経験したことがそのまま次の職場でも生かせます。

人事の人も『即戦力』を求めていますので、業務経験者は採用されやすいと言えるでしょう。

 

 

しかし、教員の場合はちょっと違いが・・・。

教育業界に転職を考える場合には『即戦力』として生かせることが多いです。

しかし、まったく違う職種・業種に転職をしたい場合には、『未経験』という扱いになります。

 

『未経験』と扱われてしまうと、どうしても転職の難易度は上がります。ここが教員から民間の企業への転職は難しいと言われる理由と言えるでしょう。

 

教員だから民間の企業への転職が難しいわけではない

 

『未経験』と扱われてしまうと、転職の難易度が上がるため、『教員から民間の企業への転職は難しい』なんて言われるわけですが、実はこれって教員に限ったことではないですよね。

 

あかす
そもそも違う職種・業種に転職をする人はほとんど「未経験」です

 

じゃあ、他の職種や業種に転職できないの?

 

あかす
実は、そういうことでもないんです

 

どういうこと?

 

あかす
仕事で経験したことや自分の性格・興味なども伝え方をうまく変えることで、転職先企業の求めている能力や経験に生かせられます

 

転職先の企業に合わせて、自分の強みや志望動機を変えればいいってこと?

 

あかす
そういうこと。企業側は、『転職者が自分の会社に合っているか』を重視してますからね

 

なるほど・・・。自分の経験や性格を深く分析しておくと良さそう!

 

あかす
その通り。自分の経験や性格を強みにして伝えることが転職においては大事ってことですね。

 

 

教員から民間の企業へ転職するための対策

転職サイトやホームページで転職したい企業をよく調べておく

まず、どの職種からの転職にも言えることですが、希望の職種や業種について調べておきましょう。

転職サイトでどんな求人があるか調べてみるほか、行きたい企業があればホームページなどにも目を通して「求める人材」や「必要スキル」なんかをチェックしておくといいでしょう。

 

 

 

転職エージェントとの面談で希望を伝えておく

転職を考える人が全員転職したい企業を見つけられているわけではありません。

転職先の職種や業種、待遇や給料などの条件に希望がある方は、転職エージェントを活用して希望の条件で求人を探してもらいましょう。

 

 

自分一人で転職しようとすると『転職サイトだけ』を利用してしまう方が多いのですが、実はこれは危険

転職サイトに載っているのは「公開求人」といって一部の求人だけです。

転職エージェントが紹介できる「非公開求人」こそ条件の良い求人だったり、あなたの希望に合う求人だったりしますので、転職サイトをすでに利用している人も転職エージェントを併用することで転職成功に近づくことができるでしょう。

 

 

 

なぜ非公開求人があるのか

企業によっては、案件の内容や求めているスキルを公開して募集をかけてしまうと、競合企業に情報が漏れてしまったり、必要以上の「記念受検」のような意志の低い転職者が集まってしまうことを嫌います。

そのため、特定の安心できる転職エージェントに『条件に合ういい人だけ紹介するようにして欲しい』なんていうことで「非公開求人」としているわけです。

転職サイトに載っている求人にも優良求人もありますが、非公開求人に比べると質の低い求人が集まっているのは否定できません。

おすすめの転職エージェント

◎リクルートエージェント
転職支援の実績NO.1でサイトの使いやすさ抜群。評判や口コミは教員からの転職にリクルートエージェントを使うメリットとデメリット、評判とは?を参考にしてみるとよいかと。

<公式>リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントベスト3をみる

 

 

 

転職エージェントは複数登録しておく

転職エージェントは、担当者がつきますが、担当者によっては得意な業界に差があります。

担当のコンサルタントやキャリアアドバイザーとあなた自身の相性もあります。

そのため、複数の転職エージェントに登録しておき、何人かと面談をしてみて信頼できる担当者を見つけておけると良いでしょう。

転職エージェントによって紹介できる求人も異なりますので、そういう意味でも一つの転職エージェントに絞らないほうがいいと言えます。

 

 

転職活動は早めに行動が肝心

転職サポートは数カ月にわたって受けられます。

まだ退職時期に来ていない教員の方でも、転職先に内定をもらう際には入社時期を調節してもらうことも可能です。

転職先さえ見つけてしまえば、教員からの転職に大きく踏み出せます。

そのため、転職活動は早めが大事。

転職を考えたらまず思い切って動いてみることをおすすめします。

 

 

ちなみに転職活動を途中で辞めても転職エージェントに怒られたりしません。別にそれでいいのです。

まずは転職エージェントに相談だけでも・・・なんて具合に軽く活動を始められるといいですね。

 

 

転職エージェントに登録後、転職活動は途中で辞めてもいい?電話で質問してみた結果をお伝えします

面談する女性
転職エージェントは途中で辞めるのはあり?中断できるか電話面談で聞いてみた

あかす転職を考えるみなさん、こんにちは。管理人のあかすです!   転職に当たって転職エージェントを利用するのが主流になってきています。 転職のプロのアドバイスやわずらわしい書類の添削、さらに ...

続きを見る

 

 

教員から民間の企業への転職は難しい?その理由と対策まとめ

いかがだったでしょうか。教員から民間企業への転職も普通のこと。よくあることです。

ちょっと特殊な職業である教師。

転職を考える際には教師・教員が転職する方法は?転職先おすすめ7選とまずやるべきこともぜひ参考にして転職活動を進めてみてくださいね。

 

  • この記事を書いた人

あかす

元教師|教員の転職・教採対策を中心に経験者のリアルな情報を綴ります。

-教員の転職
-

Copyright© 教員BLOG , 2019 All Rights Reserved.