教員採用試験対策

【教員採用試験】集団面接の対策は?実際の面接の流れや注意点も

教採の集団面接突破のコツ
あかす
みなさんこんにちは。元教師のあかすです

教員採用試験の対策講座へようこそ!

教員採用試験の面接試験の中で集団面接が実施されることがあります。

 

集団面接とはどのような流れで進められるのか

集団面接の対策方法は?

集団面接で面接官が注目しているポイントはどこか

本記事では、以上の内容をお伝えしていきます。

教員採用試験を受験する方は参考にしてみてくださいね。

 

集団面接とは

集団面接とは、受験者数人が同時に面接を受ける形式の面接試験です。

教員採用試験では、一般的に3人~5人程度が同時に面接を受けるパターンが多いようです。

個人面接が面接官2~3人で評価されるのに対し、集団面接では面接官の人数が5人程度まで増やされるケースもあります。

また、集団面接の代わりに集団討論を実施する自治体もあります。(東京都など)

あなたが受験する予定の自治体の面接試験の内容をチェックしておきましょう。

 

▼面接の服装にも気を付けましょう

面接前には服装・身だしなみを整えよう!身だしなみチェックポイントをまとめました

スーツの男性
面接前には服装・身だしなみを整えよう!身だしなみチェックポイントをまとめました

教員採用試験や公務員試験では必ず<面接試験>があります。 また、転職活動でも必ず面接で顔合わせをしますよね。   さて、いざ面接・・・に挑む前に。 「ちょっと待った」をかけましょう! &nb ...

続きを見る

 

集団面接にかかる時間

集団面接の時間は自治体や受験者の人数によっても異なりますが、大体20分~40分程度が一般的。

集団面接では、全体に質問を投げかけることもあれば一人ひとりに質問をしていく時間もあります。

そのため、同時に面接する受験者が多ければそれに応じて集団面接にかかる時間も長くなる傾向があります。

 

 

集団面接の対策

それでは、集団面接の対策をご紹介していきます。

個人面接と同じ内容を答えられるように

集団面接は、基本的には個人面接と同じ内容を質問されることが多いです。

個人面接の準備をしておけば、集団面接でもある程度の質問には答えられるでしょう。

 

▼内容以外の部分での注意点を続けて紹介していきます。

他人の意見を否定しない

集団面接では、特殊な質問方法が取られることがあります。

 

まず面接官が質問したことに対して受験者に意見を問います。

一人の受験者の意見に対して、他の受験者に

「いまの意見についてどう思いますか」

と聞いてくるのです。

 

この質問が来た時に注意点があります。

それが他人の意見を否定しないということ。

 

教員採用試験で求められる人間像には協調性が求められます。

「自分の意見とはちょっと違うな・・・」

と感じたとしても、他の受験者の意見も理解していると伝え、付け加える形で自分の意見も答えられるとベストでしょう。

 

回答例

受験者

○○さんの○○と言う点に共感しました。確かに○○と言う点で○○と考えられます。加えて私は○○だと思います。理由は○○だからです。

 

※他の受験者があまりにも間違ったことを答えていた場合はきっぱりと否定しても良いでしょう。

例:いじめを認めるような発言、体罰をしても良いなどの発言

 

 

自己PRを考えておく

集団面接では、かなりの確率で自己PRを求められます。

個人に対しての質問の時間が限られている分、受験者からアピールポイントを引き出すのですね。

と言うわけで、自己PRのつくりかたを参考に1分程度で自己PRをできるようにしておきましょう。

 

 

受験者全体への質問には率先して手を挙げる

受験者全体に質問を投げかけ、

「答えが思いついた方から手を挙げて意見をお答えください」

と言う質問が来ることがあります。

・・・この場合、意見が固まったらなるべく早めに手を挙げて答えましょう。

 

 

早く答えることが必ずしも良い評価になるわけではありません。

しかし、ずっと考え込んでいた結果他の人と同じような答えになってしまうよりも、最初のうちにパッと手を挙げて発言した方が面接官の印象に残るものです。

上記の理由で、はやめにお答えすることをおすすめします。

あかす
焦って意見が固まる前に答えようとすると、中途半端な答えになりかねませんのでご注意を

 

 

集団面接の流れ

step
1
面接室に入室

面接室には受験番号の若い順に入室します。

面接官に目と動きと声であいさつをしましょう。

※事前に一緒に面接を行うメンバーとあいさつを交わしておきましょう。集団面接でお互いに意見を言いやすい雰囲気を作ることができ、落ち着いて面接に臨めます。

 

▼面接のコツはこちら

【教員採用試験】面接試験の対策とコツ。質問や解答例もチェック

 

step
2
集団面接開始

受験番号と名前を伝え、集団面接が始まります。

ここからは、

  • 個人への質問
  • 全体への質問

入り混じるような形で質問されることもあれば、集中して一人への質問を順番にされることも。

 

step
3
退出

退出時もお礼を言い、退室の際も面接官と目を合わせて礼をした後退室しましょう。

 

 

・・・以上が簡単な集団面接の流れです。

さきほども述べましたが、できたら他の受験者と事前に交流をしておきましょう。

面接でお互いの意見を否定し合ってしまうとお互いに不合格になります。

 

まとめ|集団面接では協調性、主体性も見られます

ここまで集団面接の対策についてお話してきました。

面接官は、あなたの性格協調性主体性を見ています。

ぜひこの記事を参考にしていただいて、合格に近づいてくださいね!

 

▼面接用スーツとシャツはネットで用意できます

ぴったりサイズの面接用スーツとシャツなら『Suit Ya』で

評判【面接は新しいスーツで】お店に行かなくてもネットだけでオーダースーツが買えるSuit Yaとは

 

 

~管理人のイチオシ~

教員からの転職経験者のわたしが実際に利用してみておすすめできるものをちょっとご紹介♪お試しあれ(*'▽')

【社会人のマナー】スーツはぴったりサイズで「Suit Ya」

Suit Ya

社会人なら服装マナー面接でも外見は超重要。外見で後悔しないように自分にピッタリ合うスーツシャツを用意しておきたいところ。Suit Yaならサイズの保証もあり、腕の長さ首まわりの広さもしっかりと合わせられます。まずは1着試してみては。

【転職を考える人に!】リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職を考えるすべての人にはまず本気リクルートエージェントを勧めたい。キャリアアドバイザーの方の対応が非常に丁寧で、紹介される求人の質も魅力を感じました。求人紹介メールもしつこくなく自分のペースで転職を進められるので迷ったらココで間違いなし。

  • この記事を書いた人

あかす

元教師。現在は派遣と副業でWワーク。|教員の転職・教採対策を中心に経験者のリアルな情報を綴ります。|しがらみや板挟みだらけの教員の働き方に一石を投じたいと思ってサイトを運営中。もうすぐ30代。紅茶が好き。

-教員採用試験対策
-,

Copyright© あかぶろ|教員の転職/教採対策なら , 2019 All Rights Reserved.