教員の転職

【教員の転職】教師辞めたい!後悔しない選択をするためにできること

更新日:

分かれ道と女性

みなさんこんにちは!

元教員のあかすです!

教員採用試験を突破していざ教師になったものの、

 

 

・なんか違うなあ

・休みが取れない

・残業が多すぎて体がついていかない

・児童生徒の指導や保護者対応でストレスが溜まりすぎる

・プライベートの時間がない

 

 

なんて悩みを抱えていて、教師になったことを後悔している人はいませんか?

もし、この記事を読んでいるあなたが少しでも教員になったことを後悔しているのであれば、早めに転職することをおすすめします。

転職エージェントランキングはこちら

 

 

教員を辞めたいときに退職しないと後悔が一生続きます

まず、いま教師になって後悔しているあなたは

「今だけ頑張ればそのうち慣れるだろう」

と考えて我慢する場面もあるかもしれませんが、実際にはそう簡単な話ではありません。

 

 

適材適所と言う言葉もあるように、得意不得意はあるものです。

今の職業(学校の教員)でストレスを溜めていて教員になったことを後悔している人は、この先もずっと後悔することになります。

 

 

私の教員時代の上司の実話です

若手教員の頃に、なんでこんなストレスが溜まって休日を無駄にする職業を選んでしまったんだろうと思った。

でも、時間が解決してくれると我慢をして仕事を続けた。

その結果、ストレスで家族にあたってしまい、一時期離婚を考えるほどまで追い詰められた。

もちろん、子供たちや保護者ともうまくいかない場面がたくさんあって、ストレスが無くなることはなかった。(20年間教員を続けてみて)

いまは何とか家族と暮らしていられるけれど、あの時、若いうちになんで転職しなかったんだろうと今でも考える。

 

 

以上の例のように、まずは自分を大切にしていかないと相手のために尽くすことができなくなってしまいます。

仕事の後悔は一生続くものです。

あかす
時間は解決してくれません。行動に移すことが大事なんです。転職を少しでも考えている方は転職エージェントで相談してみることをおすすめします。

〇教員におすすめの転職サイト・転職エージェント

転職サービス 特徴
リクルートエージェント ・転職支援実績NO.1
dodaエージェントサービス ・転職者満足度NO.1
第二新卒AGENTneo 20代に特化(第二新卒にも強み)
パソナキャリア 転職サポートNO.1(女性にも強み)
リクナビNEXT 転職者の8割が利用すると言われる転職サイト
あかす
転職を強制されることはありませんし、『どうせ無料だし』と思って使ってみてください。

 

 

教員を辞めたい・教師を辞めたい人のよくある理由

教員をやめたい理由には共通点があります。以下よくある理由をまとめました。

 

子供たちや保護者対応がきつい

子供たちはまだ未熟で、時には間違った行動を取ることもあります。問題行動を起こす児童生徒には粘り強く指導を続けなければなりません。

参考【学校の裏話】生徒を尊重しすぎて教員へのいじめが軽視されている件

 

また、保護者の中にはモンスターペアレントと呼ばれるような理不尽な要求をしてくる親もいます。自分の子に明らかに過失がある場合にも、教員や学校のあら捜しをして怒鳴り散らす親もいました。

参考元教師の私が親に言われて困った要望・クレーム5選!

 

本来、やりがいとなるべき子供たちとの関わりがストレスになってきたら黄色信号。

実際に、教員をやめたいと思う人の大半は児童生徒の指導や保護者対応にストレスを感じています。

 

 

ブラックな労働環境

公立の教員は公務員ですのである程度の身分は保証されているもの。

しかし、給料に見合った労働環境かと言われれば、はっきり言って違います。

 

 

残業代は支給されませんし、中学以降は部活動指導もあります。

手当も少ししか支給されませんし、休日返上も当たり前。その上、子供や保護者からは文句を言われる毎日。

参考【学校の裏話】アルバイトよりブラックな教員の部活動手当

 

 

あるニュースでは、日本の中学校教員の週の平均労働時間が53時間にもなり、世界水準で過酷すぎる職業だと言われています。

これではやめたい教員が出てくるのもわかります。

せっかく教員に憧れて学校に来た新人の先生が、授業の準備の時間がないほど雑務や子供たちの指導が多く、心身ともに削られてうつ病をはじめとする精神病にかかるケースも多いです。

 

参考平成28年度公立学校教職員の人事行政状況調査について:文科省

上記の調査によると、毎年5000人ほどの教員が精神疾患で病気休暇を取らざるを得ない状況になっています。

その大きな原因の一つがブラックな労働環境なのです。

 

 

 

教師をやめたいと思った時がやめる時

過酷な環境で教師を続けていても、やめたいと思わない人もいます。

そういう人は、教師に向いていると言えます。

しかし、教師をやめたいと思ったのならば、それは身体からの「やめたほうがいいよ」「限界だよ」のサイン。

自分を大切にするためにも、ストレスを抱えてまで本当に教師を続けるべきなのか考えるべき時なのです。

 

 

さらに言えば、やめたいと思って半年以上環境が変わらないのであれば、今すぐにでも教師をやめることを考えてみてください。

この記事があなたを救う一歩になることを願っています。

下におすすめの転職エージェントランキングを載せていますので転職に役立ててくださいね。

教員からの転職にイチ押しの転職サイト・転職エージェントはこれで決まり!!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめ度

転職には必須)

ポイント

・転職支援の実績が豊富で実績No1の評価の転職エージェント

・キャリアアドバイザーが優秀で各業界に詳しい担当も多い

・転職サイト型の『リクナビNEXT』と併用して利用することで希望の求人に出会いやすい

口コミ・評判はこちら

 

 

 

dodaエージェントサービス

doda

おすすめ度

(イチ押し)

ポイント

・総合転職エージェントで、転職サイトとして求人を調べることもできる便利なサービス

・業界最大手で、評判が急上昇

・認知度も高く、圧倒的な求人量(10万件以上)

・自分で求人を検索することもできる

・転職業界の中でも、ひときわ丁寧な面談を受けられる

満足度No.1の評価

口コミ・評判はこちら

 

パソナキャリア

おすすめ度

女性5 男性4.5(女性には特におすすめ)

ポイント

女性の転職サポートにも力を入れている転職エージェント

・求人数は約4万件とやや控えめだが、手厚いフォローやサポートに定評あり

・転職初心者女性の転職におすすめ(転職初心者や女性ならではの転職の不安も相談できるため、男性でも転職初心者は登録しておくといい)

口コミ・評判はこちら

 

第二新卒AGENTneo

(20代特化)

おすすめ度

(20代にはおすすめ)

ポイント

後悔したくない20代の方には絶対に登録してほしい転職エージェント

20代に特化した転職サポートが受けられる

第二新卒には特におすすめ

ブラック企業を排除して求人を紹介してもらえる

・20代ならではの転職の不安があっても気軽に相談できる

・20代のための転職知識も身に付けられる

※逆に20代以外はメリットが少ないため利用しなくていいです

口コミ・評判はこちら

 

リクナビNEXT

グッドポイント

おすすめ度

転職には必須)

ポイント

・求人数が豊富で、求人を探すのにはかなり便利(超便利)な転職サイト

自己分析ができる(自己PRなどに使える)

・転職者の8割が使うと言われるほど有名

・転職エージェント型の『リクルートエージェント』を併用して利用するとサービスをフル活用できます

口コミ・評判はこちら

 

あかす
上記のおすすめ転職サービスの中で自分に合ったものを最低2つ~5つ登録して転職を進めてみてください。

ポイント

★エージェントからの最初の電話は必ずでましょう。(5分くらいです)

本人かどうかの確認と、転職に当たっての希望などを簡単に話します。

>>登録してから比較的すぐに連絡が来ますので、電話できる時間のある時に登録をするといいかもしれませんね。(私の場合は5分後くらいに電話が来ました)

転職エージェントからのアドバイスを受けながら転職活動を行うのが転職では必須です。

転職を強制されることはありませんし、『どうせ無料だし』と思って使ってみてください。

 

転職エージェントランキングはこちら

 

▽面接は服装も見られます。本気で面接に臨むなら新しいスーツとシャツで。

Suit Ya

-教員の転職
-

Copyright© あかぶろ|教員・介護福祉士の転職・仕事をまとめたサイト , 2019 All Rights Reserved.